医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛とは、医療用レーザー機器を脱毛用途に利用することを指します。
茶や黒に吸収される波長のレーザー光を皮膚に照射し、毛や毛根にダメージを与えて毛が抜けるように施す方法を指します。医師しか取り扱うことができない機器を用いて美容皮膚科・形成外科などでお手入れを行います。

一度お手入れを行うと次に生えてくるまでのスパンが長いことから、永久脱毛に近い結果を打ち出すことが出来ます。

レーザー光はピンポイントで、照射します。ですので、それなりに医療用レーザー脱毛 回数時間がかかりますが、丁寧にお手入れを行いますので脱毛後の満足度が高いのが特徴です。エステサロンなどでレーザー脱毛を提供する店舗がありますが、医師法の兼ね合いから業務用レーザーは一般サロンでは使えませんのでご注意ください。

医療レーザー脱毛って?

医療レーザー脱毛とは、美容皮膚科や美容外科などで医師が医療用機器を用いて脱毛を行う方法を指します。高出力のレーザーを用いて脱毛処理を行いますので、半永久的な効果を見出すことが出来ます。

レーザー光は黒や茶色に吸収される性質を持つ波長を用いており、毛根などに吸収されると発熱しダメージを与えるという考え方に基づいています。

医師が施術するお手入れなので、肌トラブルも少なく安全に進めることができます。多少の痛みなどを感じる場合がありますが、お手入れ後の満足度は高く、自慢できる肌になれると評判です。ただし医療脱毛は、信頼できるところ、施術例の多いクリニックを選ぶことが大切です。口コミなどを参考にクリニック選びを行いましょう。